会話・雑談力の話し方教室(東京)-どんな人ともうまく会話をするヒント

ボディーランゲージに注意して、相手の気持ちを読み取ること

子どもが成長するにつれて、どのようにコミュニケーションを学んでいるのか見ることができる。多くの子どもは、赤ちゃん手話から始めて、それから基本的な音・言葉を学んでいく。

大人もそこから学べることがあり、コミュニケーションをより良くしていくヒントが隠されている。そういったヒントを基に、誰とでもうまくコミュニケーションをするには何が必要なのか、スケアリーマミーが記事で紹介している。

まずは子どもが初めに覚えるボディーランゲージに注意を払っておくべきだ。対面してコミュニケーションをとる場合は、そのほかにも声のトーンやアイコンタクトなども重要になってくる。

例えば腕を組んでいたら心を開いていないことを示していたり、アイコンタクトをしない場合は相手に興味がないことを示していたりと、様々なことを読み取ることが可能だ。

人と会話をする時は、相手の話に集中して理解すること

誰かとコミュニケーションをとるときは、肉体的にその場にいるだけで良いわけではない。相手の話をしっかりと理解して関連性のある質問を投げかけ、会話を前へ進めていくためには、精神的な集中も必要になる。

スマートフォンやテレビなどといった気が散ってしまうものから離れて、相手の話を細心の注意を払って聞くことが大切だ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会