話し方教室東京 コラム-顧客との相互理解のために話し方・聞き方のスキルを改善する!

「話す」よりも「聞く」ことに集中し、相手の視点を理解する

ビジネスにおいて誤解が生じるのを避けるには、優れたコミュニケーション・スキルを身につけることが非常に重要になってくる。ではいかにしてコミュニケーションスキルを改善していくのか、ピーター・ドーク氏がピーディージー・アドバタイジングの記事で紹介している。

まず「話す」よりも「聞く」ことに集中し、何を考えているのか相手の視点を理解することからコミュニケーションを始めると良い。

質の高いコミュニケーションをとっていきたいのであれば、相手の話をしっかりと聞いて、完全に理解した上で口を開くことで、より効果的にメッセージを伝えることが可能となる。

定期的にコミュニケーションをとり、顧客と相互理解をはかること

ビジネスにおいては、顧客ニーズをしっかりと把握し、相手にもあなたの求めることをいかに伝えるかが重要になってくる。互いをコミュニケーションで理解し合うことができれば、目標達成にむけて協力することができる。

そのためには定期的なコミュニケーションをとることが大切で、顧客に対しては進捗状況などといった最新の情報を常に発信しておくべきだ。定期的にコミュニケーションをとることで、簡単に意見交換や変更点の確認ができ、信頼関係の構築にもつながるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会