会話・雑談の話し方教室(東京)-より良い会話をするためのスキル習得を!

相手が話し終わるまで、自分の口を開かない

多くの問題はコミュニケーション不足から生じていることも多い。

周りの人から学べるのがコミュニケーション・スキルであり、仕事やプライベートなど様々な場面で重要なものとなってくる。ではいかにしてこのスキルを改善していくのか、その方法をゾーイ・ビー氏がライフハックの記事で紹介している。

まずは相手が話し終わるまで口を開かないことが大切だ。途中で意見などを言って割り込んでしまうと、意図しないまでも「あなたの話は気にしない。私の話がもっと重要なことだ。」と言っていることになってしまう。

アクティブリスニング(積極的傾聴)を実践する

アクティブリスニングを実践し、相手の話をとにかく「聞く」ことを忘れてはならない。アクティブリスニングなら相手の話に基づいて双方向の会話を進めていけるが、受け身のリスニングでは応答のないリスニング行為だけで終わってしまうからだ。

また、アイコンタクトを行えば相手の話に興味があると示せるほか、集中力が高まり気が散ることがなくなる。

聞いたことを言い換えて、自分の理解を相手に示す

あなたが相手の話をしっかり理解したことを示したいのであれば、聞いたことを言い換えて確認すると良い。

例えば「バーニー、聞いたところによると現時点では結果をだすことが最大の目標で、すばやく解決につながる何かを幾つか見つける必要があるみたいだね?」などと聞き返すことが重要だ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/会話,雑談力/話し方コラム・スタッフ委員会 提供