会話・雑談力の話し方教室(東京)-優れたコミュニケーターになるための話し方・聞き方のスキル!

communication-skills-210526

自身のボディーランゲージに注意して、相手の話を聞く

効果的なコミュニケーション方法を知っておくことは、職場だけでなくプライベートでも大切なことだ。多くの人が毎日コミュニケーションを行っているが、それだけでコミュニケーターとしてのスキルが上がるわけではない。ではどのようにしたら、優れたコミュニケーターになれるのか、ウェルズ ファーゴ アドバイザーズがメンタルフロスの記事で、述べている。

積極的に相手の話を聞かずして効果的に対応する方法は見つけられない。そのため聞くことを優先して、相手が伝えたいことを確実に理解できるようにすると良い。

また、言葉よりも多くのことを伝えてしまうのがボディーランゲージだ。あなたの姿勢や表情だけで、どのように感じているのか相手に伝わってしまうため、注意を払っておく必要がある。

沈黙を恐れず、相手との共通の関心や同意できる意見を見つける

会話は途切れるのが普通だと認識しておき、沈黙を恐れないことが大切だ。一時的に会話が途切れても、それは思考の整理の時間だと思うと良いだろう。

相手との共通の関心や意見を見つけることで、会話がより楽しくなり、スムーズに進められるようになる。同意できないことがあっても、何か同意できるものを見つけることで、相手を理解しようとする気持ちを伝えることが可能だ。

重要な会話やストレスの多い会話をしている場合は特に、自己認識をすることが重要になってくる。そのため常にリラックスして、いつも通り振る舞える状態を作ると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会