話し方講座コラム-優れたコミュニケーターになる方法とは?

「聞く」ことを学び、ボディーランゲージに注意を払う

コミュニケーションは職場だけでなくプライベートでも、アイデアの共有や意見の交換などを行うために避けられないことだ。多くの人が毎日会話のために時間を費やしているが、それだけでは優れたコミュニケーターとは言えない。では、どうしたら優れたコミュニケーターになれるのか、その方法をメンタル・フロスが記事で紹介している。

まず、良いコミュニケーションの基本とも言える「聞く」ことを学ぶと良い。相手の話を理解せずに、しっかりとした返答はできない。そのため相手の話に集中し、必要であれば内容を明確にするために質問をしたり、頭の中で話を繰り返したりして、理解しようと努めることが大切だ。

また、相手のボディーランゲージに注意を払うことで、その会話を楽しんでいるのか、退屈に感じているのかなど、様々なことを認識できる。

動作動詞を用いて自信を示す、会話の「間」を恐れないこと

自信がなかったとしても、「あー」や「えー」といったフィラーワードを使わず、「評価する」、「管理する」、「勧める」などといった動作動詞を用いて話せば、自信を持って話しているように感じさせることは可能だ。

また、会話中にある「間」を恐れずに、しっかりと時間をおくことで、あなた自身はもちろん、相手の思考の流れを妨げることなく、より効率的なコミュニケーションができるようになる。

様々なことをしっかり実践するには、リラックスすることも重要。そういった意味で、効率的なコミュニケーション戦略の1つは、リラックスすることとも言えるだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会