話し方教室コラム-コミュニケーションの問題解決をし、良いコミュニケーターになる!

フィードバックを受け入れ、適切な言葉で話す

心配事や不安などがあり、うまくコミュニケーションができない人が多くいる。その問題などを明確にして解決すれば、より良いコミュニケーターになれるとして、その方法をヘンディー・アグス・ウィジャヤ氏が、サクセス・ライフ・ラウンジの記事で紹介している。

まずは、人とアイデアや考えを共有するコミュニケーションをとるため、同僚や上司、先輩や友人などからのフィードバックを、オープンに受け入れる姿勢が大切だ。フィードバックの中には批判的なものもあるが、それがコミュニケーションの改善につながることもある。

また、話している相手を理解して、適切な言葉を選ぶことで、効率的なコミュニケーションがとれるようになる。そのためには、質問をして、相手に関する情報をできるだけ多く集めると良いだろう。

相手の評価を気にせず、否定的な過去を忘れて話す

よく相手があなたをどのように見ているのか、気にしすぎるあまり、緊張したり不安になったりする人もいる。しかし、相手は小さなことですら気にしていない。そのため、あなたはリラックスしてコミュニケーションをするべきだ。

また、良いコミュニケーションをしたいならば、相手とのネガティブな過去を忘れることが大切だ。大きな批判なども落ち込むことなく忘れることで、それ以降、有益なコミュニケーションを実現することができるからだ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/コミュニケーター/話し方コラム・スタッフ委員会