話し方コラム|人間関係を改善する会話の方法とは?

会話ではアクティブリスニングで相手の話に集中する

全ての人間関係において、重要なものの一つにコミュニケーションが挙げられる。より効率的にコミュニケーションをとり、関係の改善につなげるにはどうしたら良いのか、マイケル・ティー・マリー氏がマインドボディーグリーンの6月27日の記事で紹介した。

まずはしっかりと椅子に座って、会話の時には相手の話に集中し、内容の理解に努めるべきだ。相手の話しを途中で遮らず、アクティブリスナーになることが求められる。また、話をするときに、相手が聞く姿勢でないのなら、強引に進めるのではなく、準備ができるまで辛抱強く待つと良いだろう。

相手にもアクティブリスニングを求める、その方法とは?

あなただけが積極的に「聞く」のではなく、相手もアクティブリスナーにして、会話をより深くすることが重要だ。何が伝わったかを確認しつづけるだけで、相手をアクティブリスナーにすることができる。

また、長い「間」があると、気まずくなってしまう人が多い。しかし、誰でも考えをまとめるために時間が必要で、リラックスし、「間」もコミュニケーションの一部であると認識しておくことが大切だ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会