話し方コラム|会社が変化する時にすべき効率的な社内コミュニケーションとは?

社内でも専門用語を多用しない

会社のマネジメントが変化する過程で必要なことは、様々なことが考えられる。そんな時、効率的なコミュニケーションができるだけでも、従業員の働きやすさの改善が可能だとして、ワークプレイス・ストラテジーズの記事で、その方法を紹介している。

会社内であっても専門用語を多用せずに、誰でも理解できるような会話をするべきだ。そうすることで、連絡事項や指示などが明確に伝わる。

変更事項あれば理由を説明し、社員にアイデアを出してもらう

マネージャーはマネジメントの変化の過程で、変更事項などがある場合は、従業員にその理由を明確に示す必要がある。そうすることで、目標などが共有でき、同じ方向に向かって仕事を進めることができる。また、変更点がある場合は、従業員にもそのアイデアを出させることで、より快適に納得のいく形で、その変化に対応していけるだろう。

さらに、マネージャーは従業員からの質問を予測し、いつでも回答できるように準備することに加え、いつでも従業員が質問できる時間や場所を作っておくことで、スムーズなコミュニケーションが可能になる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社内コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会