話し方教室東京 コラム-コミュニケーションを工夫して、リモートで働く従業員との関係を深める!

会社は従業員の目標を明確にし、いつでもコミュニケーションがとれる環境構築を

リモートで働く従業員が多くなってきており、会社はリモートワークの戦略構築を考える必要がでてきている。リモートワークを導入することで柔軟性やコスト効率など、多くのメリットがある。ゴーカードレスが、リモートで働いている従業員とのコミュニケーション方法などを紹介している。

コミュニケーションはどのビジネス分野においても、従業員管理の重要な部分だと言える。そのためリモートで働く従業員がコミュニケーションがとりたいときに、いつでも電話やチャットができる環境を作っておくことが求められる。

また、会社が従業員に何を期待しているか明確に示すことで、それぞれやるべきことが分かり、生産性の向上にもつなげられる。

仕事の進め方は従業員に任せ、オフラインでの面談やイベントを開催し絆を深める

仕事の進捗などを細かく報告させることなく、必要な環境やツールを提供してリモートで働く従業員が柔軟に働けるようにすることも大切。仕事のプロセスではなく、目標に焦点を当てておくようにすると、従業員自らがその目標達成に向けた作業方法を見つけ、作業にあたるようになる。

また、リモートで働いていてもオンライン会議などができるが、オフラインで対面して話すことに勝るものはない。そのため、可能な限り定期的な面談やイベントなどを開催して、フィードバックなどを提供したり、リモートワークで働く従業員同士の絆を深める機会などにしたりすると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会