話し方教室東京 コラム-会話と話し合いで、リモートワーカーのチームビルディングを進める!

休憩時間に同僚と仕事以外のことも「会話」できる環境づくりを

ハーバード大学、スタンフォード大学、グローバルワークフォースアナリティクスによる最近の調査によると、リモートワークの導入は、遠隔地の従業員は生産性が高く、質の高い仕事をするようになるため、従業員はもちろん会社にとっても有益なことだと分かっている。

しかし、コミュニケーションの機会の減少など、潜在的なデメリットもある。では、いかにして、リモートワーカーのチームビルディングを進めていくのか、簡単に取り組めるいくつかのポイントをラムアップスが紹介している。

リモートワーカーは同僚などと話す機会がないため、休憩時間に会話できるツールなどを導入させて、仕事以外のことについて話させると良い。また、子供の写真や、ホームオフィススペースの動画を共有させるといった取り組みを進めると、互いの壁を取り除く効果があるだろう。

定期的に全員で何かをしたり、全員の仕事の進捗状況を「話し合い」評価すること

チームビルディングをするには、定期的に全員で何かをすると良い。例えばグループトレーニングに全員で参加したり、ストリーミングで夜に映画鑑賞をしたりすると効果的だ。

また、全員の仕事の進捗や結果を確認し、興味深い傾向や調査結果、そして仕事全体の要点について話し合い、これらについて評価することを習慣化させると、リモートワーカーのチームは互いに協力し、より効果的にコミュニケーションするようになっていくだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事に必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/チームワーク,チームビルディング/話し方コラム・スタッフ委員会 提供