話し方教室東京 コラム-社内コミュニケーションを変革し、ビジネスを円滑に進めよ!

組織の上下左右でコミュニケーションが取りやすい企業文化を構築する

ビジネスの全てのレベルで強力な関係を構築するだけでなく、生産性を高く維持し、従業員に透明性をもたらすために不可欠なものがコミュニケーションだ。

では社内コミュニケーションに変革をもたらし、より良いものへと改善していくには、どのようにするべきなのか、その方法がエイチアール グレープバインの記事で紹介されている。

従業員がうまくコミュニケーションが取れていないと、透明性が失われ、ビジネスがスムーズに進まなくなる。そのため定期的にコミュニケーションを取る社内文化を構築し、上司は耳をしっかりと傾けるようにすると良い。

従業員が匿名でも意見を伝えられる環境整備を

従業員が考えや気持ちを匿名で伝えられる環境を整えることで、よりタイムリーにフィードバックが得られ、組織全体へのエンゲージメントを促進することもできる。そうすることで、問題が発生する前に課題の特定などが可能となるだろう。

また、コミュニケーションはシンプルに取るようにすることで、より簡単に双方からの考えや意見などを発信しやすくなる。また、全員が同じアプリやメッセージングツールなどを使用することで、最小限の手間で、効果的に結果が得られるようになる。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会