話し方教室東京 コラム-管理職が職場でのコミュニケーションを改善するポイント!

部下が上司とコミュニケーションを取りやすい環境構築を

職場でのコミュニケーション改善には、ビジネス全体に影響を与えるメリットがある。コミュニケーションは、職場での信頼と関与を構築し、チームメンバーの士気と生産性を高めるために不可欠だ。

では、如何にして職場でのコミュニケーションを改善していくのか、オリビア・ウェザリル氏がクリンクトゥの記事で紹介している。

職場のマネージャーとしてオープンなコミュニケーション環境をつくり、自由に会話ができるようにすることで、スタッフはスムーズに仕事を進めることができるだろう。

いつでもマネージャーのオフィスに出入りして話したり、スタッフがフィードバックできたりすると良い。マネージャーとして、複数の意見やアイデアに耳を傾けることも大切だ。

対面で会話する機会を設け、コミュニケーションの取りすぎには注意する

また、コミュニケーションツールが普及して便利になっている中でも、しっかりと対面して会話する機会を設けるべきだ。そうすることで、専門的かつ個人的なレベルで永続的な良い関係を築くことができ、より良い仕事の成果につながる可能性がある。

コミュニケーションを取ることによって仕事に多くのメリットをもたらすが、スタッフと絶え間ない電話をしたり、勤務時間外にメールをしたりすることは、逆効果になる可能性があるため避けるべきだ。

コミュニケーションの取り過ぎには注意して、従業員の健康的なワークライフバランスを促進および確保する必要がある。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会