話し方教室東京 コラム-意見の不一致・対立を解決するコミュニケーションスキル!

対話に集中できる静かな環境を準備、相手に話し合う準備ができているか確認

日常生活で発生する意見の不一致・対立を解決するためには、コミュニケーションが最良な方法であると言える。その上で効果的にコミュニケーションを取るには、アクティブリスニング・スキルを磨かなければならない。ではどのようにしてそういったスキルを改善していくのか、その方法をフォーカスト ソリューションズが記事で紹介している。

まずコミュニケーションが完全に行えるようにするため、静かな空間で準備をする必要がある。準備ができていないと誤解を招く可能性が高まることから、自身だけでなく相手にも準備ができているか確認することが大切だ。

そしてアクティブリスニングの環境を確保するためには、周りにある電子機器の電源を切ると良い。気が紛れるものを排除することで、コミュニケーションがスムーズに取れて、理解を深めることができる。

アクティブリスニングで、相手をよく理解すること

アクティブリスニングによって相手の話を理解しようとする姿勢というのは、会話に集中していることを相手に示すことができる。相手の話から得られた事実と、気持ちにも焦点を当てることで、伝えられたメッセージをより理解することが可能だ。

コミュニケーションを中断したいと思っても、その衝動を抑えて集中しようとする気持ちも大切だろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会