話し方教室東京 コラム-職場でのコミュニケーションの取り方を改善せよ!

チームミーティングを開催し、オープンに話し合う

職場においてより良いコミュニケーションが取れれば、従業員のエンゲージメントを高め、顧客との関係を改善し、生産性を向上させるなど、職場環境全体の改善にも役立つ。

ではどのようにしたら職場でのコミュニケーションの取り方を改善できるのか、その方法をプロジェクト マネジメント コラムが記事で紹介している。

まず会話をする機会がなければ、職場でのコミュニケーションをうまく取っていくことはできない。全従業員が効率的に連携できるように、チームミーティングを開催するほか、それぞれの懸念事項をオープンに話す機会を設けると良い。

従業員に建設的なフィードバックを提供し、それに答える機会も与える

フィードバックは注意深く行わないと、相手から批判されていると捉えられるため、ネガティブな部分に焦点を合わせるのではなく、従業員がどこで成果を上げているか、どのように改善できるかを示すことが大切だ。

従業員にも答える機会を与えることで、フィードバックについて議論することが可能となり、どのように思っているのかを知ることもできる。

従業員とコミュニケーションを取るのに適切なツールを使用し、定期的に話し合う時間を作り、注意を払ってフィードバックをすることで、オープンな職場環境を作り出すことができるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会