話し方教室コラム-リーダーは、従業員とのより良いコミュニケーションを実現せよ!

リーダーは定期的な会議や面談を実施し、オープンな姿勢で臨む

従業員とのより良いコミュニケーションが実現できれば、会社としての機能が改善するほか、イメージアップにもつながる。ではいかにして、コミュニケーションの在り方を改善していくのか、その方法をデザイニング・ブルズが記事で紹介している。

まずは、従業員との定期的な会議や面談で、抱えている問題や課題について話し合いの機会を設け、その内容を明確にすると良い。それぞれの意見やアイデアが、尊重される環境にしておくことが求められる。

また、マネージャーやCEOであっても、いつでも従業員が話せるような姿勢を示していかなければならない。いつでも快適に上司と話せる環境により、従業員は問題解決ができ、会社としては仕事の成功につながるなど、相互的に有益なコミュニケーションがとれるようになる。

リーダーは良い情報も悪い情報も隠さず従業員と共有する

仕事に取り組むにあたって不安などを、従業員に感じさせないためには、会社の良いニュース及び悪いニュースともに隠さずに共有することが大切だ。会社という組織で起きている全ての現状を伝えることで、よりオープンな雰囲気・環境を構築できる。

また、従業員が仕事などで成功を収めたときには、しっかりと評価を行い、称賛することを忘れてはならない。報酬の追加などで評価をすれば、仕事の取り組み方のさらなる改善にもなり、彼らの自信を高めることにもつながるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/リーダーシップ改善コーチング(人間関係・対人関係改善コーチング)

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/リーダーシップコミュニケーション/話し方スタッフ委員会