話し方講座コラム-メンターを活用してチームコミュニケーションを強化し、ビジネスを成功させる!

チームのコミュニケーションを強化するには?

何かを計画して実行する際、そこにはグループが発生する。ビジネスの場合も、同僚やクライアントを含めてグループができ、そこからの相互作用がなければ成立しない。

グループ内のコミュニケーションを強化したい場合は、専門家の指示を仰ぐと良い。最近いろんな企業で取り入れているコーチングでも良いし、またメンターに頼むという手もある。

メンターとコーチの違いとは?

ビジネス・ツー・コミュニティーに、メンターとコーチの違いが記されていたので紹介しておこう(2018/11/18)。

コーチとは、通常、一定の時間、特定の何かを教えるために働く人である。修練や経験によって培った専門知識を提供してくれるので、ビジネスに問題が生じた時は非常に貴重な存在である。

一方、メンターとは、人生や仕事の良き指導者、助言者というべき存在である。専門的というよりは、全体的な成長を助けるための指導やサポートを提供してくれる。

メンターを活用するポイントとは?

ビジネスにおいては、スキルとパーソナリティに基づいたメンターのアドバイスによって、新しいアイデアを生み出したりと多方面に波及していく。即効性のある解決策をアドバイスするのではないので、メンターと長期的な関係を育む人も多い。

メンターのように他者を助ける人々は、メンターの指示を受けるメンティが問題を解決するためのプロセスや結果を見て成長していく。自分のアドバイスによってメンティが成長したのを見ることでメンターもステップアップするので、メンターのアドバイスを続け、努力を怠らないことがお互いのために大事なのである。

メンターに頼るからには、自分の役割を果たすべきである。そしてグループコミュニケーションを強化して、ビジネスの発展に結びつけていこう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会