話し方教室 コラム-優れたリーダーが実践する会話・コミュニケーションとは?

リーダーは、感情に流されず、リラックスして、急がずコミュニケーションを

優れたリーダーは優れたコミュニケーターでもある。チャールズ・ストーン氏が、神経科学者のアンドリュー・ニューバーグの本「Words Can Change Your Brain」をもとに、リーダーが行うべき神経科学ベースのコミュニケーション方法の実践を、アウト・リーチ・マガジンの9月10日の記事で紹介している。

まず、優れたリーダーは感情に流されることなく、リラックスした雰囲気でコミュニケーションをとることができる。そうすることで、相手もリラックスでき、コミュニケーションもスムーズに進められる。

また、相手以外のものに気を取られず、急ぐことなく集中して会話する。アイコンタクトを欠かさず、脳の社会的ネットワークを刺激することで、ストレスホルモンであるコルチゾール減少にもつながっていく。

リーダーは、ノンバーバルコミュニケーションに注意、柔らかく、ゆっくり会話を

口から発せられる言葉だけが、コミュニケーションの全体を占めているわけではない。そのため優れたリーダーは、ノンバーバル(非言語)コミュニケーションにも注意を払い、会話をして、相手の態度や姿勢も注視している。

また、話すときは柔らかいトーンで、ゆっくりと簡潔に話す。そうすることで、相手が理解しやすくなり、緊張感も和らげることが可能だ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/リーダー,リーダーシップ/話し方コラム・スタッフ委員会 提供