話し方教室東京 コラム-オンラインコミュニケーションで失敗しないために!

話をする前に、話すタイミングや話すべき人は誰かを考える

オンラインでコミュニケーションをする際には、メッセージが伝わりづらく問題が起きやすかったり、混乱が生じたりすることがある。そこでエマ・クラメリー氏がウーマンラブテックの記事で、オンライン・コミュニケーションで失敗しないために気をつけることを紹介している。

オンラインでコミュニケーションをする場合は、まず「今すぐ言う必要があるか?」や「私が言うべきことなのか?」など、一歩下がって客観的に考えた上で行動に移すべきだ。また、難しい会話などをするときは、時間を空けてから話すと良いだろう。

簡潔に、分かりやすく、ポジティブに話すこと

可能な限り簡潔にして俗語や専門用語を使用せず、誰でもメッセージが理解できるようにしたい。そうすることでパーソナライズされた内容や重要な情報・ポイントが伝わりやすくなる。

また、積極的でポジティブな声のトーンと、共感される親しみのある言葉の使用、相手の気持ちを尊重して、どのように感じているのかなどを考えることで、双方にとってより建設的なコミュニケーションができるようになる

■ 記事関連・話し方講座/初学者コース(あがり症専門・話し方教室)

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会 提供