話し方教室東京 コラム-オンラインコミュニケーションで、メッセージを適切に伝える!

オンラインコミュニケーションは服装を整え、静かなシンプルな部屋で

新型コロナウイルスの影響もあり、学校でのプレゼンテーションや就職時の面接など、オンラインのコミュニケーションツールを活用して行われることが多くなっている。

そこでエミリー・ホリンシェッド氏が、対面していないときに自分のメッセージを適切に伝えるためにはどうしたら良いのか、その方法をフロリダ・セミノール州立大学の記事で紹介している。

オンラインでコミュニケーションをとる場合は、静かな部屋で背景がシンプルな場所を見つけるべきだ。そうすることで集中力が高められ、相手もあなたの映像を見て気が散ることがなくなる。

また、外見だけでも信頼性を高めることができるため、服装をプロフェッショナルなものにしておくと良い。あなたが真剣に話し、相手の話も真剣に受け止めると示すことが可能だ。

スマホを見えない場所に置いて、顔を画面に向けて話す

ビデオチャットツールを使うと、対面して話すときの状況に近づけることは可能だが、それでも完璧ではない。

そのため、スマートフォンを見えない場所において顔を画面に向けることで、相手とより深くつながることでき、メッセージもしっかりと伝わるようになるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会