話し方教室 コラム-パートナーとのオープンな会話を実現する!

大切な話は延期をせずに伝えること、柔軟な考え方で会話に臨むこと

パートナーとのコミュニケーションをするときに、オープンで正直な会話が難しいと感じることもあるだろう。ときには相手の気持ちを傷つけてしまうこともある。ではいかにして、オープンで正直なコミュニケーションをしていくのか、その方法をスコット・ステイビル氏がマインド・ボディー・グリーンの記事で紹介している。

大切な話があるときは延期をせず、そのための時間を確保するべきだ。あなたがイライラしているときなどは、しっかりとしたコミュニケーションがとれないため、落ち着くまで待つと良いだろう。

また、コミュニケーションはあなたの思い通りに全てが進行していくわけではない。会話がどのように進んでも柔軟な考え方で、相手を受け入れることで、うまくいかなくても落ち込まなくなる。

相手の話を辛抱強く理解に努めること、正直であること

人は完璧な言葉で話すことは難しい。そのため、あなたは相手が伝えようとしていることを、辛抱強く理解に努めるべきだ。話が終わる前に、勝手に相手の言いたいことを決めつけないようにしたい。

また、正直にコミュニケーションすることは、互いの間にある壁を取り除き、関係の強化につながっていく。あなたが思っていることを、包み隠さず伝えることを恐れてはならない。

■記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院 東京/会話,雑談力/話し方コラム・スタッフ委員会 提供