会話・雑談力の話し方教室(東京)|お金の話を、親は子供にどう話す、どう伝えるか!

親が子供に「お金の話」を始める時期は?

CNBCは、子供にお金の話を始めるに当たり、金融サービス会社が親にできるアドバイスを掲載。目標を設定すること、お金の仕組みを知ることは、責任能力やコミュニティへ還元する能力を養うという。

米国の金融サービス会社ノースウェスタン・ミューチャルのウェルスマネジメントアドバイザーによると、10代前半は社会的状況や消費の世界が見え始め、お金の仕組みを理解するにふさわしい時期だと述べる。

親が話すべきポイントは何か?

親が話すべき、協力すべきポイントについて解説もしている。子供がお金を使うことを覚える上で大切なのは、目標を設定することだ。子供に欲しいものがあるとき、必要な金額を目標に、お小遣いを節約する、ベビーシッターや犬の散歩、お手伝いなどを設けお金を稼ぐ機会を作る。

またニーズと欲求を理解させるため、広告やオンラインレビューなどを通して本当に必要か、良いものかを判断させる。どうしても早く欲しいというときは、利子をつけて少しずつ返す方法などを教える機会にしても良い。

アドバイザーは、子供はお金の使い方で失敗するケースがあるが、それは良い経験になると述べている。間違った支出は反省や次の使い方の工夫など、学ぶことができるからだ。

■ 記事関連・話し方講座/親の会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会