話し方コラム-より良いスピーチにするために!

スピーチではアイデアを詰め込みすぎない

より良いスピーチにするためには、どのようにすればいいのか、多くの人が悩むことだが、ザ・ユーロピアン・ビジネス・レビューが記事で、その準備方法を紹介している。

まずはスピーチに、アイデアを詰め込みすぎないことが大切。スピーチの時間は長くないことに加え、アイデアを幾つも入れてしまうと、オーディエンスが内容を覚えきれないからだ。

また、紙にその内容を書き留めるときも、エッセイを書くような文章ではなく、あなたが実際に話していることを想像し、話口調で書くことが重要だ。そして、それをしっかり事前に読み上げておくことも忘れてはならない。

スピーチで話す内容は聴衆の問題解決につながること

スピーチで話す内容は、オーディエンスの問題解決になるものにするべきだ。統計や物事の事実を組み込むことで、よりスピーチに引き込むことができる。話す内容が決まったら、時間を把握して単語数の調整をすると良い。そうすることで必然的に話すスピードの調整にもなり、更なる改善にもつながっていく。

また、スピーチの内容がほぼ完成したら、不要な単語や言葉をカットしていくことで、より伝えたいポイントが明確にできる。より「シンプル」で、分かりやすいスピーチを目指すことが大切だ。

■ 記事関連・話し方講座/スピーチ初心者コース(あがり症専門・話し方教室)

話し方教室,あがり症克服,スピーチ,プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会