話し方教室コラム-コミュニケーションを効果的にする、たった1つのシンプルな方法

伝えたいメッセージを明確に、言葉を選ぶこと

ダッカ・トリビューンは、より良いコミュニケーションについて専門家のアドバイスを掲載。信頼を獲得しアイデアを共有するために、大切なのはスキルではなく事前の準備だと述べている。

コミュニケーションは、知識や高度なスキルを活用することよりも、テーマに沿って、伝えたいメッセージを明確に伝え、言葉を選ぶことが重要であり、そのためには事前の準備と練習が有効であるとしている。

聞き手、または聴衆は、提供される情報だけ理解したいという欲求がある。始めは情報を得ようとするため、話し手である相手を信頼しようとする傾向にあるが、テーマがきちんと定義されていなかったり、内容が曖昧であったりすると容易に信頼を失いやすい。

言葉選び:目的や意図にそった的確な語彙を用いること

明快な発声や文法などのスキルは、自己完結型のスピーチなどで効果的であるが、それ以外のコミュニケーションにおいては必ずしも効果的とは限らない。感情を伝える、アイデアを共有するためには、その意図された本質を理解してもらうことが先決だ。

そのため、コミュニケーションにおける言葉選びは大切になってくる。例えば、「発表」と「開示」は似ているが、目的や意図が異なるため伝わり方も変わってくる。

準備と練習によって、相手との誤解や確執を回避しながらメッセージを伝えることができるようになる。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発コース

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会