話し方教室 コラム-聞き手に影響を与えるプレゼンテーションのコツ!

プレゼンではポイントを絞り、ストーリーを語る

プレゼンテーションスキルについての多くの書籍やワークショップでは、優れたスピーカーになるための「ヒント」が示されているが、それはスピーカーとしての重要なポイントを曖昧にする場合もある。では、影響を与えられるスピーカーになるためには何をするべきか、スピーチワークスが記事で、その方法を紹介している。

まず、伝えたいことをシンプルにして3つに絞り、それをストーリーとして話すと良い。話すべきことでないことは、話さず、伝えたいことだけしっかりと伝えることが大切だ。

親友との会話のように熱意を込めてプレゼンする

親友と熱意を込めて情熱的な会話をするように、プレゼンテーションをすることも忘れてはならない。そうすることで、よりオーディエンスを引きつけることが可能だ。

また、優れたスピーカーは、10分間のプレゼンテーションを15回練習するなど、多すぎると言われるほどの練習量をこなしている。最高なプレゼンテーションをするのは、簡単ではないが、これらの方法を実践することで、よりオーディエンスとのつながりを深められるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供