話し方教室東京 コラム-聞き手の記憶に残るプレゼンテーションをする秘訣!

プレゼンテーションのストーリー構成を重視する

「アントレプレナー」では、ダイナミックでインパクトの強いプレゼンテーションを行うには、ストーリーが重要になると説明している。

「独創性・創造性」「信憑性・信頼性」および「関連性」を意識したストーリー構成により、聞き手に対する印象は強まり、聞き手の記憶に残るという。

プレゼンに独創性を

聞き手の興味・関心を引き続け、印象を強めるには、「独創性・創造性」が求められる。しかしながら、例えば、社内のデザインチーム、社外のグラフィックデザイナーなど高い専門性を持ったプロに依頼する必要はない。

「独創性・創造性」とは、オリジナリティである。話し手にしかできない話やエピソード、話し手だからこその伝え方や話し方が重要になる。話し手の個性やオリジナリティを通じて、聞き手の注意を集め、説得力や訴求力を高められる。

プレゼンに信憑性を

「信憑性」とは、専門性と信頼性といえる。特定の分野に精通して高い専門性を持ち、発言内容に信憑性があること。「信憑性」があると、聞き手は「この人の話は信用できる」と感じ、無意識のうちに相手の発言は正しいと判断するという。

「信憑性」を高めるには、プレゼンテーションの基礎をしっかりと身に付け、聞き手の求める情報を提供する。発言に説得力をもたせると聞き手の信用・信頼を得られ、聞き手は話し手の話に耳と傾け、伝えた内容を素直にそのまま受け入れる。聞き手に対する印象は強まり、影響力は高まるわけだ。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
↓登録はこちらから↓