話し方コラム|学生のプレゼンテーションやスピーチの不安を和らげるには?

自分が良く知るトピックを話し、きちんと練習する

多くの学生がクラスでプレゼンテーションをしたり、スピーチしたりする。しかし「不安」によってうまくできないこともある。これを克服してうまくパブリックスピーキングをするためには、この「不安」を和らげることが大切だとして、その方法をアーレン・カンシック氏がベリーウェル・マインドの7月5日の記事で紹介した。

まずは、あなたが良く知っているトピックをピックアップして話すと良い。そうすることで、スピーチの緊張や不安も少なく情熱を持って話せるため、オーディエンスを引き込むことが可能だ。

また、動画やレコーダーでそのスピーチなどを録音して、あなた自身を客観的に確認しながら修正・練習を重ねるべきだ。自信が持てるようになれば、友人や家族の前で練習し、フィードバックをもらうと更に良いだろう。

プレゼンで伝えるテーマは一つ、物語を話すように語る

色々なものを詰め込み過ぎず、伝えたい中心となるポイントを1つだけ決めておくと、それに関連する形で、話を展開することもできる。ほかの人と同じシンプルなスタイルで話すのではなく、物語を話すようにするなど、自分のスタイルを確立することも大切だ。そうすることで更に自信を高めることができる。

また、冗談などを交え、オーディエンスを笑わせることも忘れてはならない。適切なタイミングで「笑い」を入れられれば、オーディエンスだけでなく、あなたの緊張・不安を和らげる効果があるからだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会