話し方講座コラム-良いパブリックスピーキングをするために必要なこと

自分が興味のあるトピックをスピーチする

誰でも自然にうまくパブリックスピーキングができる人はいない。そのため事前に練習などをする必要がある。では如何にして、パブリックスピーキングをより良いものにしていくのか、すぐに実践できる方法をルートヴィヒ・サンストーム氏がライフハックの記事で紹介している。

まず、オーディエンスをあまり気にしすぎないことだ。あなたの興味のあるトピックを選択することで、強みを活かしたパブリックスピーキングができる。あなたが楽しんで話すことで、オーディエンスにもそれが伝わり、より印象に残るものとなっていくだろう。

また、人の脳は順を追って話を聞くことを好む傾向にある。そのため導入部分や本筋、結論などをしっかりと構成しておくと良い。

シンプルな表現で、ゆっくりとした話し方でスピーチする

より魅力的な内容にしようと、専門知識ばかりを羅列するのではなく、オーディエンスが理解しやすいように、よりシンプルな言い回しや内容にするべきだ。

緊張したり、神経質になったりしていると、通常よりも速く話してしまうこともあるため、自分に言い聞かせるようにゆっくり・はっきりと発音すると良い。

また、オーディエンスは、あなたが思うほど内容をすぐには理解できない。話に追いつけるよう、パブリックスピーキングの中にしっかりと「間」を設けることも大切だ。「間」があることで緊張が生まれ、オーディエンスにとって面白さが増すこともあるだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/パブリック・スピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会