話し方教室コラム-パブリックスピーキングを改善する練習とは?

スピーチでは聴衆を知り、その反応に注意する

パブリックスピーキングはアートであり、それを改善するためには一貫した練習などが必要だ。では、どのような練習などをしていけば良いのか、その方法をベニー・フォウル氏がスライブ・グローバルの記事で紹介している。

まずは、オーディエンスのことを知っておくべきだ。そうすることで、言葉選びや情報の発信レベル、文章の構成などを決めて、スムーズに練習や改善ができるだろう。

また、あなたが注視すべきは、オーディエンスの反応(フィードバック)である。話したことに対してどのような反応が起きたのかを確認しておくことで、パブリックスピーキングの内容に変更を加えることが可能だ。

スピーチの際の声のスピード、強弱を操る

パブリックスピーキングをするときには、声が最も重要なツールとなる。話すスピードや声の大きさに変化をつけると、重要なポイントを強調することができるからだ。

詩を暗記した上で、それを暗唱し、声を大きくして単語を強調したり、文章の意味を部分的に変えてみたりするだけでも、パブリックスピーキングの効果的な練習になると言える。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会