話し方教室 コラム-パブリックスピーキングの恐怖を克服しリーダーシップを高める!

スピーチのテーマについて熟知すること

あなたが企業において優れたリーダーになりたいのであれば、パブリックスピーキングのスキルが必要だ。多くの人がうまくやっているように見えるが、人前で話すことに恐怖を感じているリーダーも少なくない。ではそれを克服して、いかに影響力のあるパブリックスピーキングを実現していくのか、その方法をベン・ジョーンズ氏が、ザ・ビジネス・オンラインの記事で紹介している。

まずは、あなたが話すことのテーマについて、熟知しておく必要がある。それについて自信を持つと、オーディエンスも退屈になることなく、人前で話す恐怖や不安も軽減される。

また、パブリックスピーキングの中に、指導的な要素を組み込むと、観客を考えさせ、より興味を引きつけることが可能だ。

スピーチの丸暗記を避けること

パブリックスピーキングの内容を、全て紙に書いて暗記することは避けるべきだ。言葉の暗記はストレスを生み、流れるように話せなくなるからだ。少しだけメモを用意して、構成などを記憶しておくだけで良い。

また、パブリックスピーキングの始まりと終わりは、オーディエンスにインパクトを与える。そのため、興味を引きつけるような強力な言葉を用意すると良いだろう。そうすることで、オーディエンスのアクションも期待できるようになる。

■ 記事関連・話し方講座/高度話力開発専門・特化コース

話し方教室,あがり症克服,スピーチ,プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方スタッフ委員会