話し方教室 コラム-優れた話し手になる方法!

堂々とした姿勢、力強い声でスピーチする

どんな業界の人でも、優れたパブリックスピーカーになれる。ではどのようなポイントに気をつけていけば良いのか、アリシア・ダラ氏がザ・セレクトの記事で紹介している。

まずは、人から注目を集められる姿勢でなければならない。足を肩幅まで広げて立ち、かかとに体重をかけて、背筋を伸ばす。そういったことに気をつければ、スーパーヒーローのような姿勢に見せることができる。

また、力強い声を発するには、大きく息を吸い込むことも大切だ。緊張したり不安を感じたりしていると、深呼吸も忘れてしまうため、話している最中でもしっかりと呼吸を意識しておくと良いだろう。

スピーチの本番前はもちろん、定期的にボイストレーニングを

優れたパブリックスピーカーであっても、常に力強い声がだせるわけではない。パブリックスピーキングの前には必ず部屋の隅などに立ち、深呼吸をして発声の練習をするべきだ。最初は緊張で声がでないかもしれないが、ウォームアップを続ければ、通常とは異なる声がだせるようになる。

また、プロのアナウンサーや政治家、弁護士などであっても、常に力強く健康的な声を保つために定期的な練習を行う。しっかりと声を強化するための具体的な目標設定をしておき、定期的な練習時間をあなたのスケジュールに組み込むことが大切だ。

■記事関連・話し方講座/初心者スピーチ基礎コース(あがり症専門・話し方教室)

スピーチ,プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方スタッフ委員会