あがり症克服の話し方教室(東京)-人前で話すスピーチの緊張・あがり症を克服する!

聴衆を知ってスピーチすれば、話し方も調整できる

人前で話すのが苦手な人にとっては、聴衆の人数や会場、スピーチの長さ、どれもが問題になる。どうすれば人前でのスピーチの恐怖を克服できるのか、その方法をメナスピーカーズが記事で紹介している。

まず聴衆のことをしっかり理解した上で、スピーチに臨むと良い。スピーチをする相手が同僚のグループなのか、今まで会ったことのない大勢の人なのか、それらを把握することで話す内容を変えられる。どの程度フォーマルな話し方をするのか、声のトーンをどうするのかなど調整することが可能だ。

スピーチの練習を重ねる、会場に早めに行きスピーチ環境を把握する

スピーチの練習を繰り返し行っておくことで、重要な点を自身でしっかりと理解でき、メモを読まずにスムーズ話を進めることが可能となる。

また、スピーチをする日は可能な限りストレスの少ない朝を迎え、おいしい朝食をとるようにすることで、緊張もある程度抑えられる。早めにスピーチ会場に到着し、声の反響具合などを確認するのも、スピーチをする環境の把握につながり、スピーチに対する緊張や恐怖の緩和につなげられるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会