話し方教室東京 コラム-社内コミュニケーションを強化し、ビジネス目標を達成せよ!

トレーニングで社内コミュニケーションを強化する必要性

グレーター カシミールでは、ビジネスの目標を達成するためには内部コミュニケーションを強化することが大切だという意見を掲載している。コミュニケーション不足は部門やチームの士気の乱れ、生産性の低下につながるため組織的に行う必要がある。

アメリカに拠点を置く人材マネジメント協会のレポートによると、従業員の間のコミュニケーション不足が引き起こす企業の経済損失は1企業当たり年間6,240万ドルにのぼるという。

生産性を向上させるためには、企業の目標を立て、部門間やチーム間など社内コミュニケーションを強化する必要がある。これには研修によるトレーニングを行うことが効果的だ。

コミュニケーションスキルを学び共有すれば生産的な話し合いができる

コミュニケーションが失敗するのは説明不足や誤解などが考えられるが、それらを起こさないためにはコミュニケーションスキルを学ぶことはもちろん、その知識を共有することが重要だ。

知識を共有するということは、従業員は正しく議論するためのリソースを持つことになり、健全で生産的な話し合いを行おうとする。これによりチームや部門間の関係改善、企業全体の生産性につながる。

現代はテクノロジーの発達により様々なコミュニケーションチャネルがあり使い方も様々だが、シンプルなほうがメッセージは明確になるという。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会