あがり症克服の話し方教室(東京)-人前で話す自信を高めるコツ!

自信を持って話せるトピックを選ぶことで失敗を減らす

何を話すにしても自信を持って雄弁である必要があるが、何を話したら良いのか分からないと思っている人が多いのではないだろうか。そこでオペラニュースの記事に、如何にして人前で話す際に自信を高めるのか、があるので少しご紹介しよう。

話をする人が取り上げるトピックに精通していなければ、うまく話せるはずがない。ステージ上でミスをしたり、パフォーマンスの低下につながったりすることを避けるため、あなたが専門とするトピックを選ぶと良い。

話しているときにメモを読み続けていると、聞き手はロボットのように感じてしまう。そのためメモは重要なポイントだけに抑えるようにして、ボディーランゲージや冗談を交えて話すことが大切だ。

誰かを真似るのではなく、自分自身であり続ける

多くの話し手がメンターや著名人のように話そうとして、失敗しているケースが多い。無理にほかの人を真似ようとしていると、それが聞き手にも伝わってしまう。常に自分自信であり続けることによって個性があふれてくる。

また、聞き手などから否定的な意見やネガティブなフィードバックがあることを想定して、それらに対処できる準備をしなければならない。そういった精神的・心理的な準備が自信にもつながっていく。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会