話し方教室東京 コラム-声を鍛えて、パブリックスピーキング能力を向上させよ!

声を鍛えれば、スピーチの際に聞き手を引き付けられる

「トレーニングゾーン」では、声がもつ力強さによってパブリックスピーキング能力が改善されると説明している。

パブリックスピーキングにおいて声は重要な要素であり、声のダイナミズム(力強さ、迫力)を高めることで聞き手の興味・関心を引き付け続けられるという。

例えば、個性がない話し方、抑揚がなくて淡々として口調である場合、聞き手を惹きつけることはできない。

日常的に身体を緩める、喉や口回りの筋肉を緩めて準備運動

声のダイナミズムを改善するには、まず、パブリックスピーキング前日に身体と喉のウォームアップ(準備運動)が欠かせない。

それには、日常的に身体を緩め、喉の調子を整える習慣を身に付けておくと良い。朝の起床後にベッド上で軽くストレッチをするなど日常的に身体を解す。

そして、呼吸に集中する、深く息を吸って吐く、唇を緩めて好きな歌を口ずさむ、口角を上げ下げする、早口言葉を言うなど喉や口周りの筋肉を緩めておく。

また、当日はしっかりと水分補給を行い、喉の潤いを保つ。喉が乾燥していると、声は出しにくくなる。

そこで、十分な水分補給が重要になる。なお、パブリックスピーキングに際しての水分補給では、常温のミネラルウォーター(水)が最適である。熱すぎても冷たすぎても喉には悪いという。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
どうぞご活用ください。