話し方教室東京 コラム-在宅勤務の従業員の生産性を高めるコミュニケーション!

コミュニケーションを頻繁に行い、重要な情報提供を

新型コロナウイルスの影響によって多くの企業の従業員が在宅勤務になっており、経営者は生産性を保つことに徹しなければならない。こんな背景からフィンエスエムイーズが記事で、どのようにしたら在宅勤務の従業員の生産性を高めるコミュニケーションができるのか、その方法を紹介している。

在宅勤務をしていると従業員とマネージャーなどとの間に、コミュニケーションのギャップが生まれることが多い。これにより情報の流れが遅くなるほか、より少ない情報量で従業員は結論を導きだしたり、仕事を進めたりしなければならなくなる。

そのため、頻繁にコミュニケーションをとり、重要な情報を常に提供するべきだ。信頼できるチャットアプリケーションなどを導入して、問題などが生じた場合にもすぐに連絡が取り合える環境を構築しておくことが大切だ。

従業員を信頼して仕事を任せ、上司は友好的に接すること

在宅勤務であっても従業員を信頼し、責任を持たせて仕事させると良い。仕事の進捗状況を確認しすぎないことも生産性の向上につながる。

また、ある調査では友好的に接することで従業員の生産性が30%向上することが分かっている。ビジネスリーダーやマネージャーが友好的であれば、従業員が課題などを共有しやすくなり、ストレスレベルも低下するため生産性も高まっていくだろう。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会