話し方教室東京 コラム-管理職として、職場のコミュニケーションを改善する!

健全なコミュニケーションで、チームビルディング

優れたコミュニケーションは、チームにとって成功に欠かせない要素である。そのため、マネージャーが良好なコミュニケーションを促進する職場環境を構築しなければならない。ではどのようにして、職場におけるコミュニケーションをより良くしていくのか、その方法を6Qの記事でジェラルド氏が紹介している。

従業員がそれぞれの考えを持ち、不満やアイデアをほかの人と可能な限り共有できるようにするには、常に健全なコミュニケーションができるように習慣化させ、誰でもフレンドリーに会話できる環境を構築しなければならない。

また、昼休みや退勤後も従業員同士で時間を過ごすように促し、関係を深めさせると良い。そうすることでチームとしてのパフォーマンスも高まっていくと言える。

上司が匿名のフィードバックも受け入れられる環境づくりを

重要なフィードバックはネガティブなものが多い傾向にあり、マネージャーと共有することが難しい。匿名でフィードバックができるような環境を作り、様々な考えやアイデアに耳を傾けて生産性の改善につなげていくことが大切だ。

また、コミュニケーションをタスクの1つとして考えず、社内文化の中の継続的なプロセスの一部であると認識すべきだ。定期的に1対1の面談を行い、仕事の割り当て・進捗状況・必要なサポートなどを把握することで、更に個々のパフォーマンスの向上が図れるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会