話し方教室東京 コラム-オンラインでのコミュニケーションスキルを改善する!

良いコミュニケーターは、話している途中でも相手とつながる

新型コロナウイルスの影響によって、デジタル通信プラットフォームを介して多くのコミュニケーションが行われている。しかしいくつかの課題も生じており、オンラインにおけるコミュニケーション・スキルの改善が必要だとして、その方法をロイトークスが記事で紹介している。

優れたコミュニケーターは話している途中で相手に質問などがあるか聞くことができ、どれだけ内容を理解できたか確認も可能だ。

ターゲットとなる人の見極めやボディーランゲージの使用など、コミュニケーションをとっている相手とより深くつながれるように工夫している。

呼吸などで緊張に対処して、自分らしく話すことが大事

人前で話すときは誰でも緊張するもので、それは普通のことだ。失敗することなどを想像して、相手に伝えるべき重要なポイントなどを忘れてしまうこともある。

効果的に話すには、神経質になったり落ち着かなくなったりすることを抑え込み、トピックに自信を持ってあなたらしくコミュニケーションをとっていくことが大切だ。

ボディーランゲージもあなたの内面を示すものであるため、真っ直ぐ立ってアイコンタクトや笑顔を維持して、安定した呼吸をするように心がけると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会