話し方教室東京 コラム-効率的な危機管理コミュニケーションの取り方とは?

危機的状況下では、ツールを集約してコミュニケーションを取る

新型コロナウイルス状況下、多くの企業がクラウドへのアクセスや、従業員のリモートワークの環境などを構築している。そんな危機的な状況下で、いかにして効率的なコミュニケーションを可能にしていくのか、ジュリー・ウェルドン氏がファンドレイジング&フィランソロピーの記事で紹介している。

まずどのような人とコミュニケーションが必要なのかを考え、ツールを集約して行うことが求められる。全て異なるツールでコミュニケーションをしていると、問題や機会などを逃してしまう可能性がでてくるからだ。

関係者に、会社として、しっかりコミュニケーションを取る姿勢を伝える

また、従業員だけでなく、その家族の健康などのことを考えた行動をするべきだ。それから、顧客や見込み客、パートナー、サプライヤーなどと、しっかりとコミュニケーションをとり、現状や今後の計画を伝達すると良い。

従業員、顧客、サプライヤーであろうと、会社としてサポートするために、コミュニケーションをとっていることを伝えるべきだ。そしてメッセージが確実に伝わるようにする工夫も必要になってくる。

また、従業員などが抱く懸念や問題を理解することで、コミュニケーションの在り方も変えられる。そのため、質問などにしっかりと耳を方向け、適切な対応をしていくことが大事だ。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/リスクコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供