話し方教室 コラム-会話が途切れないようにする質問の仕方!

会話の質問を工夫しよう!

おしゃべりが苦手な人が、会話を上手くつなげるには「質問」が有効な手段だが、質問の仕方や内容によっては逆効果となる。フォージではその質問の仕方についてアドバイスしている。

質問は会話を続ける手段として効果的だが、「相手が答えやすい・話しやすい」ということが前提だ。「最近調子はどう?」「何か変わったことは?」などの質問は、「まあまあ」「別に」などの1語で回答が終わってしまう可能性がある。

一方で「ランチミーティングはどうだった?」など、相手の行動を理解した上での質問はリズムがつきやすく、会話が続く可能性が高くなる。

また、「この間デートで何かあったの?」など、内容をフォーカスする質問が有効だ。回答する内容は限定されるが、「外で四つ葉のクローバーを探してきて」と言われるより、「裏庭で素敵な花を摘んできて」と言われるほうが相手は行動しやすい。会話もおなじことだ。

会話を促す質問は、プライバシーに配慮する

そして、相手にもっと話をするよう促す質問がある。「なぜ?」「もっと教えて」「そこを詳しく」「どんな意味?」など。反応があることで相手は「もっと話そう」という気分になる。

とはいえ、短い質問ではぶしつけな印象を与える。「本当に?良かったらもっと教えて」「どうしてか聞いても構わない?」など、相手の気持ちやプライバシーに配慮し、ワンクッションおいて質問することが望ましい。

■記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■話し方講座・総合案内/話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院 東京

話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/会話,雑談力/話し方コラム・スタッフ委員会 提供