話し方講座コラム-あなたのスピーチを最高のものにするには?

スピーチのイントロで聴衆を引き付ける

誰もが人前に立ってスピーチを行うことは、死よりも恐怖を感じる。では如何にして、それらを和らげ、最高なスピーチができるようになるのか、ユアディクショナリーが記事で、その方法を紹介している。

まず、「この人が言っていることを聞きたい」と思わせるイントロにするべきだ。スピーチのはじめは、あなた自身、そして内容を紹介する重要な部分であるため、しっかりとオーディエンスを引き込めるものにしなければならない。

また、専門用語を使いすぎず、よりシンプルに話すことを心がけると良い。メッセージが明確であれば、しっかりと内容が伝わり、そのスピーチによる影響力も強くなっていくだろう。

パブリックスピーキングの口癖は、聴衆の集中力を低下させる

多くの人がフィラーと呼ばれる「えー」や「あー」といった言葉で、間を埋める傾向にあるが、それらはスピーチが進むにつれて目立つようになり、オーディエンスの集中力を低下させる。キーワードだけでも箇条書きにして、話す内容をしっかりと決めておくことで、この問題は解決できる。

また、スピーチの内容や言葉を全て覚えてしまうくらい練習に練習を重ねておくことも大切だ。鏡の前だけでなく、友人などの前でスピーチの練習をすると、自信も高められるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/スピーチ基礎コース(あがり症専門・話し方教室)

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会