話し方教室東京 コラム-どうすれば、人前でうまく話せるようになるのか?

スピーチの練習を繰り返す、自分が情熱を注いでいる内容を話す

人前で話すことは多くの人にとって難しく、不安を感じてしまうことだが、アイデアなどを説得力のある方法で伝えるために必要不可欠なスキルだと言える。

ではどうしたら人前でうまく話せるようになるのか、ユーリイ・チョウイ氏がユースアーオーサムの記事でポイントを幾つか紹介している。

人前で話す際に、その内容を熟知しておけばメモに頼ることがなくなる。そのため練習を繰り返して、そのトピックについての知識などを高めることが大切だ。

また、話す内容もあなたが情熱を注いでいるものにすることで、聞き手の興味をより引けるほか、自信を持って話しているように見せることもできるだろう。

家族や友人に話していると考えてリラックスを、ミスしても気にせず話す

人前で話すことをスピーチだ、プレゼンテーションだと考えてしまうと緊張が増してしまうため、家族や友人に話していると考えてリラックスすると良い。ある程度の形式は維持して、ロボットが話しているようにならないことも大切だ。

また、ミスをしたとしても気にせず、話を続けることで、聞き手に気づかれないことも多い。あなたの話が完璧である必要はない。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会