話し方教室東京 コラム-プレゼンテーション終了後も、好印象を持続させるコツ!

プレゼンの構成を練り上げ準備を、質問を想定して回答まで十分に準備を

プレゼンテーションはオーディエンスにアイデアや商品をアピールする方法で、ビジネスにおいては重要で欠かせないことである。ではプレゼンテーションが終わったあとでも、オーディエンスに好印象を長く持たせるにはどのようにしたら良いのか、その方法をワールド リパブリック ニュースが記事で紹介している。

プレゼンテーションでうまく話し、その内容がオーディエンスの印象に残り、成功を収めるためには、十分な準備が必要。重要なポイントをメモして、全体をしっかりと把握して無駄な部分がないようにしたい。また、質問を予想して回答を考えておくことも大切だ。

聞き手が具体的にイメージできる話し方を、視覚に訴えてプレゼンする

プレゼンテーションで商品などをアピールするなら、オーディエンスの生活の中で使用しているイメージを与えられるようにすると良い。効果的に話して説明することはもちろん、スライドなどを使用してビジュアルで訴えかける工夫も必要だ。

また、個人的な話や経験の共有、適切なタイミングでユーモアを挿むことで、オーディエンスをより引きつけることができるだろう。

プレゼンテーションでは質問を受けて回答することは避けられない。そのため動揺したり緊張したりすることなく、スムーズかつ効率的に質問に答えられるようにする必要がある。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会