会話・雑談力の話し方教室(東京)-職場でのコミュニケーションを円滑にする話し方・聞き方とは?

上司はアクティブリスニングを実践し、従業員の話を聞いていることを示す

職場でのコミュニケーションは、個人やグループの口頭および非口頭の両方で情報やアイデアを交換するプロセスで非常に重要なものだと言える。コミュニケーションを円滑にするための話し方などは、どのようにしたら良いのかを、ジョディー・ゴダード氏がプラチナム ペイメンツの記事で紹介している。

多くの職場では上司の意見だけでビジネスが進められ、従業員の話や意見が取り入れられないことがある。しかし一方で、しっかりと会社が従業員の話や意見なども聞き、オープンに発言できる環境を構築しておくことで、企業文化が繁栄していき、そのビジネスが成功に向かっていく。

上司はアクティブリスニングを実践して、相手の話を聞いていることを明確に示すことが大切だ。

職場での会話は専門的かつフォーマルな話し方で

職場で会話をするときは、専門的かつフォーマルな話し方を維持すると良い。そうすることで相手に教養のない人ではなく、自信と知識がある人であると思わせることができる。

また、自由回答形式の質問をすることで、「はい」や「いいえ」だけではなく、より自由に意見を示せるようになる。そうすることで従業員も快適な職場だと感じられるようになり、さらに自由なコミュニケーション環境が生まれるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会