話し方教室東京 コラム-優れたプレゼンテーションの秘訣!

プレゼンテーションの目的は、「情報伝達」「提案」「説得」の3つ

「ヴェンツマガジン」では、プレゼンテーション効果を高めるアプローチを紹介している。これらのプロセスを経ることで、優れたプレゼンテーションを行うことができるという。

プレゼンテーションとは、話し手と聞き手が直接的にコミュニケーションを図る絶好の機会である。話し手は、聞き手の理解や共感を得られるように考えやアイデア、知識、情報を伝える。つまり、プレゼンテーションの目的は、「情報伝達」「提案」「説得」となる。

聞き手を理解し、その聞き手に応じた話の構成、展開、話し方を

プレゼンテーションを通じて聞き手の理解、共感・同意を得て説得するには、聞き手に対する理解が欠かせない。徹底した聴衆分析を行い、興味・関心の対象を見極めたうえで、聞き手に応じた話の内容、構成・展開、話し方(言葉、表現など)を考える。聞き手目線で話すことにより、話し手のメッセージは正しく伝わる。

また、プレゼンテーションの基本構成は、三部で組み立てる。構成で大切な点は、一貫性に焦点を置くことである。。一貫性がない説明は伝わりにくく、聞き手の理解や共感は得られず、説得はできない。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会