話し方教室東京 コラム-チームコミュニケーションを活性化する!

機能するチームには、コミュニケーションの4階層がある

ビジネス・サイト「クオーツ」で、ケイト・ヒューストン氏がビジネスで機能するコミュニケーションの4階層を解説している。

機能するチームは、コミュニケーションの4階層を有しているという。4階層とは使命・戦略・戦術・実行である。

「使命」は組織の方向性を示し、永遠の活動である。「戦略」は組織の役割を示し、一年あるいは四半期単位。「戦術」はチームの活動であり四半期あるいは一月単位の活動。「実行」は各人が、いかに日々のコミュニケーションを行って、どのように働くかの指針で、毎日の活動となる。

使命、戦略、戦術、実行を伝え合うことがチームコミュニケーションの中心

組織において、これら4階層の内容を伝えあうことが、チームとリーダー間のコミュニケーションになる。

4階層は、トップダウンでもボトムアップでもなく、お互いに協働しバランスを保たなくてはならない。機能しているチームは、これら4階層が調和し、明快である。

効果的なチームは皆が崇める「使命」がある。使命が、何を引き受けるべきで、何をすべきでないかを導いてくれる。「戦略」は、使命をサポートする直近の目標である。「戦術」は、戦略をサポートすべきであり、戦略を凌駕してはならない。

もちろん、全員が使命に同意し、戦略がいかに良く定義され伝達されているプロジェクトであっても、「実行」がなければ何も動かないのは言うまでもない。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会