会話・雑談力の話し方教室(東京)-職場の同僚とのコミュニケーションを改善する!

ツールに頼りすぎず、対面コミュニケーションを

会社が大きな目標を掲げていたとしても、従業員同士のコミュニケーションが不足していると、それを達成することは不可能だ。時間が無駄になったり、信頼関係が築けなかったりなど、コミュニケーション不足によるデメリットは多くある。こんなことからイヴァージモ ウェブズが記事で、同僚とのコミュニケーションを改善する方法を紹介している。

会社では内部コミュニケーションツールなどが多く使われ効率化などが図られており、人間同士の接触がおろそかになっている場合がある。同僚などと一緒にコーヒーを飲んだり、会議室に座ったりして話すことで、ツール上でコミュニケーションするよりもはるかに生産性を高めることが可能。それぞれのつながりを深めることにもつながる。

一方で同僚などとの対面コミュニケーションは、全ての状況で行う必要があるわけではない。オフィスのドアが閉まっている場合や、ヘッドホンをつけている場合などは、仕事に集中していることもあるため、メールなどでコミュニケーションを図ると良いだろう。

お互いを知るために、ミーティングやイベントを行うことも大切

互いをよく知るためのミーティングを行うことも大切だ。それぞれのモチベーションを理解する機会になったり、関係が深まったり、その後のコミュニケーションが気軽に行えるようになる。

また、仕事後にビールを飲みに行ったり、週末にアクティビティをしたりとイベントを開催することで、チームワークを高めることも可能だ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会