会話・雑談の話し方教室「コミュ障の人でも、スムーズに会話する方法は?」

うまく会話できない!コミュ障だろうか?

なかなか他人とコミュニケーションが取れない人を、最近では「コミュ障」と言ったりもするようになりました。そのコミュ障の人達の多くが困っていることといえば、「上手く会話ができない」ということです。「あがり症である私は、コミュ障なのだろうか?」と感じている人も少なくないことでしょう。

今回は、コミュ障と思しき人が、スムーズに会話するにはどすうれば良いのかを述べてみましょう。

ありのままを、自己表現してみる

コミュ障の人が困っていることは、相手とコミュニケーションが取れないことですが、それ以上に、ありのままの自分自身をさらけ出すことが怖いと感じているようです。なぜなら、ありのままの自分をさらけ出すことで嫌われてしまうのではないか、と思ってしまうのです。

しかし、考えてみれば、人間には色んな人がいます。確かに、あなたの行動や発言に嫌悪感を持つ人もいるでしょう。でも、あなたの発言に賛同したり、好感を持ったりする人もいるものなのです。

人間には好き嫌いがあるのが当たり前なのですから、あまり周りの評価を気にしない方がよいのです。一度勇気を持って、ありのままの自分を表現してみることをお勧めします。

話すよりも、聞くことを中心に会話してみる

また、もしコミュ障で話し方に自信が持てない場合は、自分から話をしなくても、相手の話を聞くだけでも十分だと知ってください。「自分から話をしないと、相手にコミュ障と思われてしまう」と感じるかも知れませんが、相手は、たぶん、そのようなことは気にしていません。思い過ごしは、やめてみませんか?

たぶん、あなたが相手に一言質問すれば、相手は話し出します。そうすれば、あなたは多く話さなくても、会話に参加できることになります。もっと気軽に会話してみたいものですね。

さて、会話が上手になりたいと、真剣に思っている人なら、本学の話し方教室で会話の訓練をされることが一番よいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修