会話・雑談の話し方教室「楽しい気持ちでテンションアップ。会話は、ポジティブ・ワードで!」

会話でネガティブワードが癖になっていませんか?

普段、何気なく会話しているとき、自分では気がつかないうちに「どうせ」や、「私なんか」というように、ネガティブなワードを使ってしまう人がいるものです。

しかし、多くのネガティブワードは、ポジティブワードに言い換えることができるものでもあります。なるべく前向きなポジティブワードを使用して、会話を楽しみたいものですね。

ネガティブワードを、ポジティブワードに言い換える

ネガティブワードを思わず話してしまう人は、ネガティブワードをポジティブワードに変換する訓練をしましょう。私たちが話している言葉のほとんどは、言い換えることが可能なのです。

例えば、「優柔不断な人」は、「軽々しく行動しない人」に言い換えられますし、「細かい人」は、「よく気がつく人」と言い換えることも可能です。

ポジティブな言葉を使うと、まわりの人たちの気持ちをポジティブな気持ちにさせることができます。私達はなるべくポジティブな言葉を使うことを心がけたいものです。

ポジティブな話し方を身につける簡単な方法

ポジティブな話し方を身につけるには、ポジティブな人の話し方をまねしてみるのが効果的です。

例えば、雨が降り出した時、ネガティブな考え方をする人は「雨が降ってきたよ、傘をもってないけど、どうしよう」と言いがちです。

しかし、ポジティブな人ならは「雨が降ってきたけよ、傘をもってないけど、コンビニで買えばいいや」と言うことでしょう。

ポジティブな人と一緒にいると、ポジティブな考え方が身につきやすくなります。そして、ポジティブな考え方ができるようなれば、自然にポジティブな話し方もできるようになるのです。

ポジティブな話し方も、ネガティブな話し方も伝染しやすいものです。ですから、私達は、ポジティブな話し方で、周りにいい影響を与えていきたいものです。

ポジティブワードで、楽しく会話がしたい人は、本学の話し方教室で話し方を学ばれるのがよいでしょう。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・教養講座 スタッフ委員会/会話・雑談力