ファシリテーションの話し方教室|初めての会議司会!とても緊張、何に気をつければよい? - 話し方教室入門 - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

ファシリテーションの話し方教室|初めての会議司会!とても緊張、何に気をつければよい?


初めての会議の司会、どうしよう!

初めて会議の司会を頼まれると、とても緊張してしまうのではないでしょうか。

司会者として会議を進めようとするだけでも緊張してしまうのに、参加者は上司が多く、鋭い指摘を受けたらどうしよう、と悩んでしまうことでしょう。きっと、あがり症の方なら気が気でないと思います。

初めての会議のファシリテーション。緊張はするにしても、どんなことに気をつければよいのでしょうか。
 
会議司会/イメージ画像:写真AC


司会をするなら、普段よりも、やや大きめの声で話す

司会の場において、やや大きな声で司会をすることです。大きな声を出すだけで、堂々としているように感じられます。

緊張しているときは、自分では気がつかないのですが、小さな声で話をしているものです。自分では普通の大きさで話していると思っていても、参加者から「声が聞こえないよ!」と注意されることがあります。

会議の場では、空間が普段の仕事の場面よりも広くなることが多いでしょう。そうなると、普段の声の大きさでは参加者は聞き取りにくく感じるものです。ですから、大きな声で話すことを心がけましょう。

司会者は、ゆっくりと、滑舌良く話す

また、ゆっくりと、明瞭な声で話をすると、自信を持って話しているように感じられます。

ニュースのアナウンサーは、ゆっくりとした口調で滑舌良く原稿を読んでいますが、あんな感じで、落ち着いた雰囲気で話すと気持ちも少し落ち着いてくるものです。

あとは、いつも「会議の全体を見渡すこと」に注意して進めていければ、初めての会議司会であっても、なんとか合格点を取れることでしょう。とにかく落ち着いて、司会を進めてください。

まとめ/話し方教室の要点:ファシリテーション入門のポイント

①会議の場では、「空間」が普段の仕事の場面よりも広くなることが多い。大きな声で話すことを心がける。

②ゆっくりと、落ち着いた声で話をすると、自信を持って話しているように感じられる。

③常に、「会議の全体を見渡すこと」に注意して進めていく。そうすれば、なんとか合格点。

もし、会議の司会やファシリテーションが心配でたまらない方は、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京の専門講座で学ばれるのが良いでしょう。


 コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/入門・教養講座 スタッフ委員会/ファシリテーション・ファシリテーター/学院総長監修

    
  • 2018年5月21日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。