話し方教室「ノンバーバル・コミュニケーションによる自己演出力」

言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション

コミュニケーションには言語によるものと、非言語によるものとがあります。前者をバーバル・コミュニケーション、そして後者をノンバーバル・コミュニケーションといいます。

今日はノンバーバル・コミュニケーションによる自己演出のポイントについて述べます。そのポイントは5つです。

1.表情

表情のポイントは目(アイコンタクト)とスマイル。相手の目を見て、スマイルをたたえて話すのが基本です。

2.姿勢・態度

背筋を軽くシャンと伸ばし、キビキビと動作。腕組み、後ろ手はしないほうがよいでしょう。

3.対面空間

どこで話をするか、その場所の雰囲気は話の内容に相応しいか、を考えます。上座・下座の配慮も、もちろん大切です。

4.服装・持ち物

ビジネスではシンプルに。豪華さよりも、清潔さとセンスのよさが優先されます。

5.基本動作

時間を守る。エチケット&マナーをわきまえる。相手に対する気配りを忘れない事が基本です。

特にビジネスの世界での自己演出は、相手に対する「思いやりの心」がベースになっています。思いやりの心は、大人のたしなみと言ってもよいでしょう。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院 入門・プレ講座 スタッフ委員会/コミュニケーション/学院総長監修